ラヴィーダホテル(La Vida Hotel)台中逢甲ビジネスホテル

Back

2018 台中フローラ世界博覧会

Mar 18 , 2018

花が咲くときの音

現代の多忙な毎日に振り回されていると、花がそっと開くように訪れる「幸福」も見過ごしがちです。生活が豊かになっても、心の空洞化が進んでしまうのです。

 

長いあいだ経済効果に気をとられ、軽んじられてきた環境へのダメージ。人々は過度な開発で環境を破壊する一方で、不安と無力さを抱え込んでいます。私たちは2018年に台中フローラ世界博覧会を通して、皆様と共に人類と自然の関係を考え直し、大自然が発するメッセージに耳を傾けたいと願っています。

 

GNP(国民総生産、Gross National Product)は本来、経済状況の判断指標として国民が一定期間に生産した最終生産物の市場価値を表します。台中花博ではこのGNPに新たな定義づけをし、展示テーマを、花で再発見するGNP「花現GNP-Rediscover Green, Nature and People」と定めました。冷たい数字で示される生産高ではなく、Greenグリーンな生産、Nature自然の生態系、People人・文化と生活の三者が調和して発展していく美しい価値観として、新たな視点で世界に訴えかける温もりのあるGNPです。

 

台中花博の三つの展示会場は、まさにこのGNPの概念を具象化したものです。「破壊せず、最適化を」という設計理念のもと、生産、生態、生活の三者が絶妙なバランスを取り、自然が望ましい状態に向かい、人類もそこから無尽のエネルギーを汲み取ることで好循環が生まれると信じています。

関連記事

2018台中国際アニメ博覽会

Back